うだうだ考えるなら行動するのが持論です

私が彼女と出会ったのは某ファストフード店でアルバイトをしていたときのことです。
別に出会いを目的として働いていたわけではなく、高校生になり働いてそれで得た収入でほしいものを買いたいというのが動機だったと思います。
はじめは好意をもっていなかったわけではないですが、バイト先の先輩と後輩以上のなんでもない関係でした。
一緒に休憩室で他愛のない話をしているうちに惹かれたんだと思います。
ただ、告白することでいまの関係が壊れてしまったりアルバイトで過ごす時間が気まずいものになるのは嫌だなとか、告白しない理由を探していました。
出会いが目的でないにしろ、考えて悩む日々が私にとっては苦痛でした。
そこで、私がとった行動は『先輩に聞きたいことがあるんだけど、連絡先教えてもらっていいですか?』という口実。
いまでこそLINEなんて機能がありますが、その当時はE-MAILでした。
とりあえず、とっかかりはできたわけです。
いきなり告白するのもと思うので一日数通のメールのやりとり、聞きたいことなんてたくさんあるけど、まめに連絡していたのを思い出します。
で、最終的には告白したわけですけど、当初は振られました。
ショックでしたね、でもお互いにそれでもメールのやりとりだったりこれまでと同じようにメールをして、1か月ぐらい経ってからだと思います。
先輩から、『毎日やりとりしているうちに付き合ってもいいかなってやっぱり思います。
』というニュアンスの文面が届きました。
出会いのきっかけってやっぱり待っててもこないと思うんです。
そして、行動を起こさないと結果って起きないと思うんですよね。
世間の恋人同士って出会いのきっかけはなんにせよ、どちからか行動を起こした結果付き合ってるんだと思うんです。
待ってて付き合えるのは一部の限られて人やドラマの話なので出会いのきっかけをつかむため、付き合うためにはまず行動することだと私は思います。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.